日系祭りは、メトロバンクーバーの中心、バーナビーで開催される家族で楽しめる日本のお祭りです。

 

祭りは長い間、日本の地域コミュニティで文化として受け継がれてきたもので、北米の多くの都市でもこの伝統を守ろうと祭りが再現されています。
2013年、日系センターでの初めての『日系祭り』が開催されました。現在では毎年約11,000が訪れる日系祭りは、一層充実した屋台フード、音楽、エンターテイメント、ゲームなどを通して日本文化を紹介していきます。

 

「日系祭り」実行委員長からのメッセージ

第6回めを迎えた日系祭りでは、スペシャルゲストとして日本から伊賀流忍術と伊賀神楽曲芸の技を兼ね備えた知之助さんをお迎えし、解説とともに忍術を披露していただきます。また飴細工『アメージング・キャンディー』が、ポップでかわいいキャンディーを創作・販売します。

お神輿、盆踊り、武道デモンストレーションほか、各種パフォーマンスには今年のパートナー国インドネシアが加わります。バンクーバー新報提供『祭りスター・タレント・サーチ』では、今年はどんなスターが誕生するでしょうか。

ヨーヨーつりやハローキティ砂絵、物品販売、古本市、屋台フードにビアガーデン(冷酒あり)、レンタル浴衣サービス。豪華賞品が当たるトラベルラッフル・チケットは日系祭り中のみ販売しております。

レイバーデーの連休は日系祭りで日本の夏をお楽しみください。

ルイーズ阿久沢
2018年日系祭り実行委員長

 


日系センター事務局長からのメッセージ

第6回目を迎える日系博物館・文化センターの日系祭りをコミュニティーの皆様にお知らせできることを大変誇らしく思います。

日本の文化を祝うこの祭りは毎年、カナダ人にとって楽しい催しであると同時に、ユニークな体験を提供する場となっています。2018年も期待を裏切りません。

祭りスタータレントサーチで選ばれたすばらしいパフォーマンスの数々や、日本のユニークな遊び、年を追うごとに期待が高まってきている食べ物のベンダーなど、2018年も皆様のご期待に沿える、またそれ以上の催しを計画しています。

今年は三重県から伝統的な伊賀忍者の知之助さんと虎徹さんをスペシャルゲストに迎えます。その他の出し物も皆様の予想を超える素晴らしいものを数々用意しています。今年の祭りの開催を私共一同とても楽しみにしています。

過去5年、日系祭りは5万5千人の来場者を迎え、様々な異文化コミュニティーの祭りの中でも、重要な位置を占めるようになりました。参加者全員で誇りを持って、私たち日本人と日系カナダ人の祭りを祝いましょう。また私たちは、あらゆる異なる文化を持つ人々を歓迎します。2018年日系祭りのパートナー、インドネシアのコミュニティーに特に感謝の意を称します。

日系祭りは、ボランティアの協力なしには実現することができません。350名を超えるボランティアの皆様に感謝申し上げます。

日系センター理事会、スタッフ、ボランティア一同、第6回日系祭りへの皆様のお越しをお待ちしています。祭りでの様々な体験を存分にお楽しみください。

 

ロジャー・レミレー
日系文化センター・博物館事務局長

This post is also available in: 英語